「News」カテゴリーアーカイブ

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド・アーキテクチャー Brand architechtureに引き続き、今回はブランドの擬人化 Brand Anthropomorphismについて、田中先生が解説されております。

ブランドの擬人化とは、消費者がブランドの中に人間的な要素を見出すことです。大きく分けて、(1)ブランドを人のように知覚し、扱う擬人化と、(2)ブランドの形態の中に人間的な要素を見出す擬人化、との二種類があります。
(1)ブランドを人のように扱う擬人化の例として、自分が使っているパソコンに愛着を見出して、「このMacbookは僕の良き相棒だ」と思う例が挙げられます・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド環境 Branded Environmentに引き続き、今回はブランド・アーキテクチャー Brand architechtureについて、田中先生が解説されております。

ブランド・アーキテクチャー(BA)とは、企業がもつブランドをどのような構造で配置し、それぞれのブランドにどのような役割を負わせ、ブランド同士をどのように関係づけるか、という戦略を指します(Aaker & Joachimsthaler, 2000)。ブランド・ポートフォリオという用語もほぼ同じ意味で使われることがあります。企業が保有する多くのブランドをどのように全体管理し、育成し、投資していくか・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド・イマジネーション Brand Imaginationに引き続き、今回はブランド環境 Branded Environmentについて、田中先生が解説されております。

ブランド環境とは、ブランド経験が実現される空間的・時間的な「場」のことを指します。言葉を変えて言えば、特定のブランド特有の経験が感じられる場所のことを意味しています。「場」とは空間的な概念ですが、それは同時に時間的な概念でもあります・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回の授かり効果 Endowment Effectに引き続き、今回はブランド・イマジネーション Brand Imaginationについて、田中先生が解説されております。

ある種のブランドは独特な「世界観」をもっています。そうした世界観は、そのブランドの名前を聞いただけですぐにいきいきと想像できるエレメントを多数もっています。こうしたブランド世界あるいは世界観のことをブランド・イマジネーションと呼びます。そのような世界観をもった典型的なブランドとして、ディズニーがあります・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回の知覚緊急性 Perceived Urgencyに引き続き、今回は授かり効果 Endowment Effectについて、田中先生が解説されております。

「授かり効果」とは、人間は自分が所有するモノのほうを、所有していないモノよりも、その価値を高く評価する、という現象です。何かモノを所有している人がそのモノを売ろうとする場合、買おうとする人よりも、そのモノの価値を高い値段で評価する傾向にあるということになります。したがって、授かり効果を売る価格と買う価格の差ととらえることもできます。・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のマイクロイノベーション Micro-innovationに引き続き、今回は知覚緊急性 Perceived Urgencyについて、田中先生が解説されております。

 よく企業のトップが「危機感をもて!」と社員に訓示を垂れている風景を目にします。トップから見たら社員はいかにも危機などないかのごとく、のほほんと与えられた仕事だけをこなしているように見えるのかもしれません。こうした訓示が有効かどうかは別として、企業や組織には、組織のメンバーが感じられる危機感や切迫感というものがあります・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回の長寿企業 Long life Firmsに引き続き、今回はマイクロイノベーション Micro-innovationについて、田中先生が解説されております。

マイクロイノベーションという言葉を最初に使ったのは、台湾生まれのコンピューター科学者、李開復(Kai – Fu Lee)博士でした。李博士はアメリカで高等教育を受け、カーネギーメロン大学で博士号を取得してのち、マイクロソフト社やGoogle などで技術担当役員を務め、中国Googleの創業社長でもありました・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のピーク・エンド法則 Peak-End ruleに引き続き、今回は長寿企業 Long life Firmsについて、田中先生が解説されております。

近年、あるオンライン記事(Crockett, 2015)が人々を驚かせました。世界にある1700年以前に設立された967社の「長寿企業」のうち、約半数517社(53%)が日本企業だったというのです。第二位はドイツで、19%、第三位のオーストリアが4%、第四位のスイスも4%、というように続いています。つまり、日本は世界でも冠たる長寿企業の宝庫の国だったのです。・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のマイクロモーメント Micro-momentsに引き続き、今回はピーク・エンド法則 Peak-End ruleについて、田中先生が解説されております。

ピーク・エンド法則とは、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンたちが唱えた概念です。カーネマンたちは、経済学での「効用」(utility)概念を分析しました。効用とは、マーケティングでいう「満足」にほぼ相当します。何かのモノやサービスから得られる満足感が効用なのです。・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のリードカスタマー Lead Customer ~「オニツカ」が実践し成果を挙げた顧客戦略とは~に引き続き、今回はマイクロモーメント Micro-momentsについて、田中先生が解説されております。

内閣府の消費動向調査によれば、日本の一般世帯での携帯電話の普及率は2015年3月時点で94.4%となっています。スマートフォン(スマホ)だけの普及率では一般世帯で60.6%に達しています。こうしたスマホの急速な普及は消費者行動にどのような変化をもたらしたでしょうか。・・・

続きはこちら