「News」カテゴリーアーカイブ

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランドのジレンマ Dilemma of brandに引き続き、今回はブランドの営業とブランディング Sales and brandingについて、田中先生が解説されております。

営業という役割は重要であり、かつどの企業にもなくてはならない機能であるにもかかわらず、これまであまり研究されてこなかった。マーケティングがどのビジネススクールや経営学部・商学部でも教えられているにもかかわらず、営業やセールスを教えている大学は数少ない。なぜそうなのだろうか。一つの理由は、営業の働きが企業によって大きく異なり、一般化が難しいということもあるだろう・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド倫理 Brand Ethicsに引き続き、今回はブランドのジレンマ Dilemma of brandについて、田中先生が解説されております。

ブランド構築に際して、常について廻るひとつの問題がある。それは「売れる」ことと「ブランドをつくる」こととが必ずしも一致しないように見えることである。売ろうとすれば、ブランド価値を落とさざるを得ないし、ブランド価値を高めようとすれば売ることは一時的に諦めざるをえないことがある。このことを「ブランドのジレンマ」と呼んでみよう・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のなぜブランドが注目されたのかに引き続き、今回はブランド倫理 Brand Ethicsについて、田中先生が解説されております。

ブランド倫理とは、ブランド価値に影響するブランド活動(ふるまい)が道徳的に正しいかどうか、これを決める考え方のことである。「ブランド活動」とは、ブランドの記号やメッセージ内容が消費者に表出される、あるいは、そのブランド名を冠した事業などの行動を指している。ブランド行動は何らかの社会的反応を引き起こす。そのとき、倫理に反しているという反応を引き起こす恐れはないのだろうか・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド化の意思決定 Decision-making of brandingに引き続き、今回はなぜブランドが注目されたのかについて、田中先生が解説されております。

ブランドを考えるうえで、ひとつの重要な問題は、なぜ1980年代の後半からブランドが注目されるようになったのか、という問題である。より正確に言えば、80年代の後半からブランドが企業の資産、ブランド・エクイティとみなされるようになり、ブランドを管理するという考え方が出てきたのである・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のラグジュアリーのパラドックス Paradox of Luxuryに引き続き、今回はブランド化の意思決定 Decision-making of brandingについて、田中先生が解説されております。

 ブランド戦略を考えるときの「ステップゼロ」、つまり本格的作業に着手する前に何をなすべきだろうか。それは何をブランド化すべきかという意思決定である。ブランド化すべき、あるいはブランド化できる対象は現在では幅広い。商品やサービス、企業は言うまでもなく、テクノロジー、成分、人、アイデア(理念)あるいはコンセプト、産地などの地域、などである・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回の第四次産業革命とブランディングに引き続き、今回はラグジュアリーのパラドックス Paradox of Luxuryについて、田中先生が解説されております。

パラドックスとは一般的に矛盾することや、逆説を意味しています。あるいは、一見すると矛盾する結論が推論の結果から導かれることを指しても用いられています。古代ギリシャ人の哲学者で、クレタ人でもあったエピメニデスは「クレタ人はすべてうそつきだ」と語ったと言われています・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド・テリトリー Brand Territoryに引き続き、今回は第四次産業革命とブランディングについて、田中先生が解説されております。

「産業革命」とは、技術革新とその結果としての産業革新、また社会変革のことを指している。第一次産業革命は、18世紀の後半から19世紀にかけて、イギリスに端を発し、世界に波及した工業変革である・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランドの次元 Dimensions of brandに引き続き、今回はブランド・テリトリー Brand Territoryについて、田中先生が解説されております。

「ブランド・テリトリー」とは、ブランドを市場のどこに立てるか、そのブランドを市場のどこで活動させるか、を意味している。ブランド・テリトリーは単に、既存の商品市場ではなく、市場をどのように新しく規定するかを含んでいる・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランドの擬人化 Brand Anthropomorphismに引き続き、今回はブランドの次元 Dimensions of brandについて、田中先生が解説されております。

ブランドとは何か。ブランドにはいくつもの側面があり、理解しやすいようで、同時に理解しがたい印象を与えている。ブランド論のもっとも初期の理論家のひとりで、インターブランドの創始者マーフィーはブランドを次のように定義している・・・

続きはこちら

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」更新されました。

SPACE−毎日新聞社広告局「マーケティングのキーコンセプト」が更新されました。

前回のブランド・アーキテクチャー Brand architechtureに引き続き、今回はブランドの擬人化 Brand Anthropomorphismについて、田中先生が解説されております。

ブランドの擬人化とは、消費者がブランドの中に人間的な要素を見出すことです。大きく分けて、(1)ブランドを人のように知覚し、扱う擬人化と、(2)ブランドの形態の中に人間的な要素を見出す擬人化、との二種類があります。
(1)ブランドを人のように扱う擬人化の例として、自分が使っているパソコンに愛着を見出して、「このMacbookは僕の良き相棒だ」と思う例が挙げられます・・・

続きはこちら